HOME > 3RC新年合同例会

日 時:2016年1月8日(金) 12:30~13:30
場 所:URGE高槻店
 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 高槻東RCの野村でございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。ホストクラブ会長ということで誠に僭越では御座いますが、新年のご挨拶を申し上げます。  今年は元旦から素晴らしい天候に恵まれ、早くも春の到来かと思わせましたが、昨夜から急に冷え込み、本来の冬らしい天候になって参りました。正月気分も一転、身が引き締り、活動再開の気持ちに切替わって来ました。  1月は1年の始まりです。昔から「1年の計は元旦にあり」という諺がありますように、皆様方も気持ちも新たに今年の目標をたてられたことと思います。しかしロータリー年度は7月から始まっていますので、この1月は前半を振返り、気持ちも新たに気を引締め、後半に入る重要な月となります。  ところで、昨年は明るいニュースとして男子日本ラクビーの大活躍(中でも五郎丸人気)、セ・パ同時トリプルスリー選手の誕生、羽生結弦選手の世界最高得点更新等そして、大村、梶田両先生のノーベル賞受賞等がありました。しかし正月1週間の新聞、ラジオ、TVなどメデアの伝える情報はどうでしょうか?地球温暖化の環境問題に始まり、経済環境の激変とグローバル化、株価の暴落、シリア内戦と難民問題、イランVSサウジの対立、ISのテロ続発、そして昨日は突然、核実験をしたなどと言う北朝鮮等々、このようにいつどこで何が起こっても不思議でない不安な時代にいることを否応なしに自覚させられる毎日です。(昨年の一文字漢字が「安」になったのも頷けます。)  このような時だからこそ、ロータリアン一人一人の地道な奉仕活動がより一層重要であり意味あるものとなって参ります。  本年度のラビンドランRI会長のテーマ「世界へのプレゼントになろう!」  “Be a gift to the world”  つまり「限りある人生で、世の為、人のために一人一人がその持てる資質(情熱、努力、知識、能力、財力……)を活かし、ロータリーを通して地域に奉仕をしよう!そうすれば誰かの人生にそして世の中に本当の変化を起こすことができる」と言う意味です。  もう一度この事を思い起こし、NHK朝ドラの“あさ”のように、明るく、ファイティングスピリットを持って、皆様と共に後半の活動に入って行きたいと思います。尚、今年は雰囲気も新たにここURGEでの開催となり、より親しく3RCメンバーが話が出来るようテーブル席にも工夫をしていただいています。また後程オーナーの高木様のご好意により、ジャズ演奏等もございます。お楽しみください。  結びにあたりお集まりの皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、私の新年の挨拶とさせて頂きます。ご清聴ありがとうございました。
(会長 野村定昭)