第26回高槻シティハーフマラソン大会報告書

第26回高槻シティハーフマラソン大会報告書

日 時 2018年1月21日(日)午前7:15~11:00
場 所 高槻市立総合スポーツセンター
参加者 橋本、市田、猪俣、板垣、宮崎、西田、西口、西島、野村、小田、笹井、白藤、
高木荘輔、寺本、上場、山西、藤江(敬称略)

毎年恒例の高槻シティハーフマラソン大会、男子10km選手受付を担当しました。今年の高槻シティハーフマラソン大会のエントリー総数は8,003名で、男子10km部門のエントリーは1,229名でした。当日は天気も良く、朝方の冷え込みはあったものの、絶好のマラソン日和の大会となりました。
当日は7時15分の集合でしたが、早くに集まっていただき、また、経験豊富な会員が多かったため、余裕を持って受付準備が完了しました。受付開始当初は少し手持無沙汰感がありましたが、徐々に訪れるランナーが多くなり、息つく間もない受付となりました。受付総数は1,102名で約1割の不参加者がおられたのが残念でした。今回は、参加申込者の該当ゼッケンがないというトラブルがありましたが、大会本部で予備ゼッケンを発行していただき、無事に受付を終えることができました。
毎年のことではありますが、休日にもかかわらず、多くの会員の皆様に参加していただいたこと、いろいろと差し入れをいただいたことと、頼りないチーフをカバーしていただいたことについて、改めてお礼申し上げます。また、関係者のみならずランナーの方からもねぎらいの言葉をいただき、奉仕活動の楽しさ、素晴らしさを改めて認識いたしました。
最後に、高木大介選手、お疲れ様でした。

報告者 青少年奉仕委員会 藤江 恒司

関連記事

  1. 2018オレンジゴスペルIN大阪(児童虐待撲滅運動)

  2. 介護老人保健施設で慰問公演

  3. 違法薬物撲滅講演会報告

  4. みんなで聴こう!日本センチュリー交響楽団

  5. ロータリーフェスティバル|Rotary day|RID266…

  6. 「高槻市内の小児病棟にクリスマスプレゼントを!」プロジェクト…