2019年9月20日 米山奨学生リズキー君に卒業の卓話をしていただきました

氏名:リズキー ファジャ プラタマ

大   学 : 立命館大学政策科学部政策科学科CRPS専攻

出   身 : インドネシア

テーマ:日本での留学の経験と米山ロータリー奨学生として得られた経験

私は4年間立命館大学、政策科学部政策科学科CRPS専攻の学生として、勉強をしてきました。この4年間の間に私は色々な経験をしてきました。最初は、政策科学部はどのような勉強して行くのかは想像がつきませんでした。でも勉強していきながら、 気がついたのがやっぱり政策科学部に入ってよかったなと思っています。

色々な問題を探し、それの解決方法を探す事で、私はよりよく世界で起きている問題を知る事ができる事ができました。1回生と2回生の時は“タイプロジェクト”と言う事業に入り、その授業ではクラスメイトとタイに行き、そして現在タイにある問題を探し、それをどんな政策を使って解決するのかの事業でした。3回生の時にもタイプロジェクトに参加しました、でもそれはクラスのサポート役として参加しました。

勉強の他にも私は、サークルにも入りました。私は、PEER MENTOR GROUP と政策科学部政策科学科CRPS専攻の自治会に入っていました。 その二つのサークルでは、私は会長とし活動をしました。私は高槻東ロータリークラブに入ってすごく良かったなと思っています。ここでは私はすごく色々な経験と知識を得られる事ができました。私はこの機会で色々な人と会える事ができて、色々な話を聞く事ができました。高槻東ロータークラブで1年半お世話になり、私はすごくいい経験を得られる事ができました、それだけではなく私は日本での家族ができたなと思いました。ロータリー米山奨学金という素晴らしい奨学金を得られる事ができたこと、そしてその一部になったことで、日本での留学で得た、忘れられない最高の経験をすることができたことに本当に感謝しています。

このような機会を持ち、多くの経験を積むことで、今、私は自分の国と日本の架け橋になりたいと強く感じます 。このように私はロータリー米山奨学金と高槻東ロータリークラブから、色々な経験を得られ事ですごく感謝しています。

関連記事

  1. 2019年7月5日 新会員を紹介します

  2. 2019年8月9日 四宮孝郎ガバナー公式訪問

  3. ゲスト卓話をいただきました