高槻東ロータリークラブ|国際ロータリー第2660地区|ご挨拶2014-2015

HOME > ご挨拶2014-2015

img062.jpg

中川 雄六

会長

2014‐2015年度クラブ運営方針
ロータリーを、家族とともに、楽しく和やかに輝かそう
LIGHT UP TAKATSUKI-EAST-RC WITH FAMILY

 本年度会長を務めさせていただきます、中川でございます。
伝統ある高槻東ロータリークラブの会長に就任させて頂く事の重さを痛感し、誠心誠意頑張りたいと思います。皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。
 本年度のゲイリーC.KホァンRI会長は、そのテーマとして「Light Up Rotary(ロータリーに輝きを)」と掲げられています。これは「暗闇で黙って我慢するより、1本でもローソクを灯した方が良い」との孔子の言葉を基にしているとの事です。
具体的には
①会員増強の推進
②人道的奉仕活動の実践
③ロータリーデーの実施
を唱えておられます。
 これを受け、国際ロータリー第2660地区の泉ガバナーは、本年度の方針として、「1人1人の輝きで、あなたの地域を輝かそう~Light Up Osaka~」を打ち出し、特にそれぞれの地域において、各クラブが奉仕活動を実践することで、その存在意義を高め、各クラブの更なる充実・発展を期待されています。
 そこで当クラブの本年度の活動方針としては、「ロータリーを家族と共に、楽しく和やかに輝かそう~Light Up Takatsuki East RC with Family~」とさせて頂きました。
 奉仕活動の実践には会員各自の熱意と創意工夫が不可欠ですが、それだけでは奉仕活動を絶えず推進するには至りません。ロータリー活動に対する会員家族の理解・協力が必要です。会員間のみならず、その家族間の「親睦」を深めることが「奉仕」の原動力であることは、皆さんがよくご存じの事と思います。
具体的には
①例会・行事への会員家族の出席を促し、その充実を図ります。
②地域に向けた社会奉仕活動を「ロータリーデー」として実施します。
③会員が一致団結して、純増2名の会員増強を目指します。
 特にRI第2660地区におきましては、地区の「ロータリーデー」として、2015年
5月5日に大阪市中央公会堂におきまして「ロータリーフェスティバル」と銘打ち開催する準備が進められており、当クラブの上場会員がその実行委員の一員として重責を担われることになっています。当クラブとしましても、来る9月23日には、高槻現代劇場におきまして、地域の高齢者をご招待して、日本の伝統芸能や文化に親しみ、その楽しさを知って頂きたく奉仕活動を「はぐるま座」の協力を得て「ロータリーデー」として実施したいと存じます。
 ついては9月23日ロータリーデー実行委員会を、上場実行委員長を中心に組織し準備を進めているところです。
 これらはいずれも「言うは易し、行うは難し」であります。
 何卒、会員皆様方に御理解と御助力をお願いする次第です。


13.03.07.jpg

板垣 善雄

幹事

2014~2015年度の幹事をさせていただきます板垣です。会長方針にもありますとおり、本年度は、会員間のみならず、その家族間の「親睦」を図り、更なる「奉仕」活動を推進していくこととしています。
そこで、本年度は、CLP導入にあたり改編されました委員会構成につき、前年度において見直していただき、できる限り、会員の皆さまに役割を担っていただき、幹事の非力を補っていただくことにしております。
クラブ奉仕委員会は、親睦・会員推薦・研修・広報の四つの小委員会から成り、例会・行事・研修等の企画・運営は、各小委員会において連絡・調整していただくことで円滑に進むように努めます。会員増強においても、新会員の推薦・選考の手続を設けることで、より確かなものにしていきたいと思っております。
奉仕プロジェクト活動は、関係奉仕委員会間において連携・協力し、会員への周知を徹底すると共に参加を促し、会員一致して進めて参りたいと存じます。特に、「ロータリーデー」の実施にあたりましては、会員皆様方のご協力が不可欠ですので、何卒、よろしくお願い申し上げる次第です。