高槻東ロータリークラブ|国際ロータリー第2660地区|ご挨拶2018-2019

HOME > ご挨拶2018-2019

photo.jpg

坂井 利孝

会長

2018~2019年度 会長挨拶

この度、高槻東ロータリークラブ 2018~2019年度会長に就任いたしました坂井でございます。伝統ある高槻東ロータリークラブの会長という大役をおおせつかり、身の
引き締まる思いでございます。役員・理事を始め、会員のご協力・ご鞭撻をいただき、クラブを運営していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
さて、2018~2019年度RI会長 バリー・ラシン氏のRIテーマは「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。当年度、第2660地区では「地区のテーマやスローガン、キャッチコピーは作らない」との方針です。これらのテーマ・方針を受けまして、当クラブでは『インスピレーションを発揮し、活動を加速しよう』をテーマといたします。第 2660 地区の2018~2019年度の10項目方針及び地区中期5ヶ年目標を基に、当クラブとしては以下の項目に注力して活動を加速して行きたいと思います。

1.会員基盤の充実
現在、会員数は38名ですが、会員の維持・増強を図り、純増2名を目指します。
入会歴の浅い会員も増え、新しい切り口からの提言、ベテラン会員の経験に基づく意見などを活用し、会員基盤の充実を図ります。

2.IT基盤の充実
ロータリー活動において、今やITの活用は発信・受信の両面から見ても不可欠です。
クラブ内でのIT基盤の充実を目指し、会報・ホームページの内容充実・効率化、マイロータリーの登録率・クラブセントラルの活用率の向上を図ります。

3.公共イメージの向上
社会奉仕委員会・国際奉仕委員会その他の活動を通して地域社会との連携・グローバルネットワーク連携による奉仕活動の促進により、地域・海外での公共イメージの向上
を目指します。

4.戦略委員会をベースに中長期ビジョンの策定と共有化
ロータリー活動は今まで単年度計画で推進されてきましたが、昨今の社会・地域環境の変化により、複数年度にまたがる活動も増加しています。戦略計画委員会は前年度・当年度・次年度の各会長がメンバーであり、ここでテーマの内容を議論・共有化して、スムーズな引継ぎ、立ち上げを加速します。

上記項目以外でも、会員各位のインスピレーションを発揮していただき、日々のロータリー活動が活性化し、よりよい成果が生まれるように、連携・協力をお願いいたします。


photo.jpg

小田 直

幹事

2018~2019年度 幹事挨拶

坂井会長のクラブ運営基本方針に基づき、高槻東RCが更に発展していけるよう各委員会と連携を密に取りながら運営を行い、一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。
各種行事への会員参加を増やすことで、会員間の意思疎通を計り、クラブの活性化に繋げればと考えています。
入会年次も浅く経験不足のため、失敗も多く皆様にご迷惑をお掛けするかとは思いますが、何卒、皆様のご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。