高槻東ロータリークラブ|国際ロータリー第2660地区|ダウンロード

HOME > 2013-2014

写真ダウンロード

2013-14年度写真

全ての映像・画像・音楽・文章を、購入者である・なしに関わらず二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止します。
『 DOWNLOAD 』 (2013-2014.zip_167MB)

2013-14年度ご挨拶

高岸 久典

2013-14年度 会長

2013‐2014年度クラブ運営方針
ロータリーライフを満喫し、好意と友情と奉仕を

2013‐2014年度、会長を務めさせて頂きます、高岸久典でございます。
シカゴでポールハリスによるロータリーが誕生して108年目を迎えます。
我が日本におきましても、米山梅吉・福島喜三次氏等による東京ロータリークラブ創立から93年目を迎えることとなります。
当高槻東ロータリークラブにおきましても、40周年記念事業として、日本はもとより世界でも初めてではないかと言われております福島県須賀川ロータリークラブの50周年との合同記念式典及び須賀川ロータリークラブ並びに台湾台北南徳ロータリークラブとの姉妹クラブ締結調印式を完了いたしました。
このように当高槻東ロータリークラブが41周年を迎えるに当たって、長い歴史と先輩諸兄の輝かしい功績を汚すことのなきよう、ロータリーの原点に立ち返り、会員諸兄のロータリーライフを楽しみ、且つ奉仕の精神を全うすべく、微力ではありますが、誠心誠意会長の重責を全うさせて頂きたいと存じますので、皆様方の一層のご協力とご指導ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。
本年度、RIロンDバートン会長はテーマとして!!ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を!!と掲げられています。
このようにロータリーを実践することによって、世界平和に貢献し、全ての人類が豊かな人生を過ごせるようにと言われております。
また、RI2660地区、福家 宏ガバナー方針が「感動の体験を!!人々にも自身にも」Participate!!~参加し、敢行しよう」と言うテーマを掲げられています。
ガバナー方針にありますように、ロータリーの行事に参加し、感動の体験を実践することにより、人々のみならず、自分自身の充実になると考えられます。

本年度目標

1、東日本大震災から2年超経過しておりますが、復興が進んでいるとは言えません。その為、姉妹クラブである福島県須賀川ロータリークラブを通じて災害復興支援を本年度も重点的に行いたいと考えております。それにはFVP(Future Vision Plan)の活用を行いたいと思います。

2、活力あるロータリークラブにする為には、会員増強は必須の条件と考えられ、是非、会員増強に力を注ぎたいと考えておりますと共に、退会防止にも力を注ぎたいと考えております。それには、例会・炉辺会合・移動家族例会等を充実させ、楽しいクラブにしたいと存じます。

3、国際奉仕につきましては、前年度よりの引き継ぎと致しまして、カンボジアへの支援を継承したいと考えております。


橋本 光司

2013-14年度 幹事

今年度、幹事という大役を仰せつかりました、橋本です。一年間よろしくお願い申し上げます。幹事という役職は、何と言っても、クラブの円滑な運営を図ることが第一と考えます。そのために、高岸会長を補佐し、目配りをしていくことになると思いますが、はたして私にそれが務まるかどうかはわかりません。私も、ロータリー歴は13年を数えようというところですが、まだまだロータリーに精通しているわけでもありません。ましてや、大先輩方が居られる中、知ったかぶりをしても化けの皮はすぐにはがれると思いますので、とにかく、皆さんにご指導いただきながら、また叱咤いただきながらの一年になると思います。未熟な幹事ではありますが、この高岸会長率いる本年度ロータリー活動が、今後のロータリーライフの礎となるべく、充実した年としたいと思いますので、なにとぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。